2016年12月24日 / by admin

様々な角度から社員研修を見る!人間性を見られている

新入社員の社員研修の意味!

様々な会社が色んなやり方で社員研修を行っています。何故、社員研修というものがあるのか。それは企業側が新入社員の人間性をみると言う事が第一の目的でしょう。精神面、体力面、性格などを知る上で社員研修は効果的と言えます。逆に新入社員も企業がどんな人材を欲しているかも知れますし、面接の時には見えなかった企業の実態が見えてくるでしょう。自分が働く会社がどういう会社なのかも知れるので、企業に勤める上で大事なプログラムですね。

変わった社員研修をご紹介!

新入社員の研修で様々な会社が工夫をして色んな研修を行っています。例えば、社員研修で山登り。ここで企業は見たいのは体力面、精神面でしょう。ここでくじけてしまう様であれば仕事で困難な状況になった時に諦めてしまう可能性があります。その他にも、ある有名な車のメーカーは幼稚園や保育園で研修を行うといった研修もあります。何故なら子連れの人が車を見に来る事が多いメーカーだからです。子供の心を掴むには子供を知る事が大事といったところでしょう。

社員研修で自分も磨き、同期の結束も固めよう!

社員研修は自分を磨き、そして自分自身が会社を知るのに大事なプログラムです。それ以外にも同じ参加者である同期の新入社員との結束も固めれるチャンスです。ここでしっかり絆を作っておけば、いざ働くとなった時に何もしていない人に比べて、働きやすくなります。そしてその積み重ねで信頼関係を築き、いい仕事をできる様になっていきます。社員研修とは入社の第一歩であり、社会の第一歩であるとも言えるでしょう。真剣に向き合っていく事が大事です。

管理職研修では、講義形式でなくグループ対話形式で行う方が効果的です。職場の現状や部下の指導法などの悩みを分かち合い、効果的な指導法を導きださせることで管理職間の連携も取れ指導法実践率も高くなります。