2016年12月24日 / by admin

個人事業主になる為の第一歩!青色申告を知ろう

青色申告するのに必要な書類など!

事業をしたい、でもまだ会社にするのはちょっと早いので個人事業主と言う形で青色申告し事業を始めようと思ってる方!でも実際どうやって申告すればいいのか。青色申告をするのに必要な書類は4つです。「1、開業届出書 2、所得税の青色申告承認申請書 3、青色事業専従者給与に関する届出書 4、給与支払事務所等の開設届出書」です。税務署に行けば書類はあります。個人事業主になるにはしっかりとしたビジネスプランと実行力が必要ですので頑張りましょう。

青色申告をする個人事業主に必要な事

個人事業主は経営者です。経営に大事なのは、アイディアがまず重要です。世の中にどんな物が求められているのか、どんな事業が必要なのか。そこをしっかりと見極める必要があります。よく間違えがちなのは、自分がやりたい仕事をするのではなく、自分はどの様な仕事が出来て、世の中が何を必要としているかです。ここを間違えると大変な事になるので気をつけましょう。また青色申告はネットからでも出来るので情報をチェックしてみましょう。

青色申告と白色申告の違いについて!

青色申告はまず原則として、複式明記の方式により毎日のやりとりを帳簿を記録して、所得を申告制度となります。税務署に書類を提出して承認してもらう事が条件です。必要な経費として認められる科目数と金額の増加、所得金額が排除される科目数と金額の増加がメリットとしてあります。白色申告は青色申告をしていない人が使用するべき制度です。これを知っていないと恥ずかしいので、事業主として、しっかりと違いを知りましょう。

青色申告とは税金を申告する時に、記帳や計算に手間がかかってしまう分、税金優遇などの特典が受けられる所得税の確定申告方法のひとつです。