2016年12月25日 / by admin

案外知られていない?正しい自営業の始め方

自営業を始めるのはとっても簡単!

自営業の始め方は、非常にシンプルです。とにかくお金を稼いでしまえばそれで自営業を始めたことになるからです。何も会社を作る必要はありませんし、店舗を持つ必要もありません。従業員を雇わなくてももちろん大丈夫です。自分一人の力で何か事業を行って、それによって利益を生み出すことができれば、その時点から実質的には自営業を始めたことになります。後は、それを続けていけばいいだけですね。ですから、多くの人が考えているほど難しいことではありません。

開業届けは早いうちに提出を

お金を得始めたなら、可能な限り早く開業届けを提出する必要があります。法律で開業届けを提出しなければならないと定められているので、忘れないようにしましょう。いつから事業を始めるかが明確に決まっているなら、お金を得る前でも提出して構いません。この情報を元に行政からの指導やチェックが入ることとなるので、忘れないようにすべきですね。税金関係の処理にも関わることですから、開業届けは非常に重要な書類となります。

青色申告の申請もしておくのが吉

開業届けを提出するタイミングで、青色申告の申請もしておくといいでしょう。青色申告は、事前に申請をしておかなければ、その年度に限っては使うことができなくなります。申請はいつでもできるものではなくて、開業後一定期間と時間制限があるものですから、開業届けを提出するタイミングで一緒に出しておくのが間違いないのです。青色申告ができれば、税金の控除を受けることができますし、赤字が出てしまったときにも翌年に繰り越せて便利です。

フランチャイズのメリットを学ぶために、小売業や飲食業などの起業家向けのセミナーに参加をすることが効果的です。